人気ブログランキング |

三木のおもろい毎日を三木のおもろいメンバーたちが綴ります。上の書はアート書家中西賀子さんの特別書き下ろし。


by miki-omoroiwa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:その他( 42 )

すみません・・・
先々週、先週、今週と3週続けて
土日は三木にいません。

金物まつりのときは、
私、大学時代のゼミ旅行で
九州は長崎へ行っておりました。

ETC片道1000円の恩恵を思いっきり受け、
「ホテル宿泊(土曜)+土日6食+
各種入場・利用料+船、電車を含めた交通費+ガソリン代割り勘」
は、3万円でお釣りが来ました。

運転手は5人で交代したものの、
車の中はそうそう寝られないので
さすがに疲れましたがね。

そんな中、行きの車中で、
長崎の前に、祐徳稲荷神社に行きたいと
車の持ち主が言い出しました。
a0129562_1104533.jpg

そうなると、降りるインターは、
長崎道の「武雄北方」。

そう、三木市とかかわりの深い、
佐賀県武雄市です。

私が初めて目にした武雄市の印象は・・・

大豆畑、おおっ!

ということで、写真は、
佐賀県下最大の円墳・玉島古墳です。
a0129562_195047.jpg

大豆畑を撮るつもりが、
あれ、なんだろう?ということになったとも。(汗)

ちなみに、帰りは温泉に入るために
再び佐賀県に足を踏み入れましたが、
武雄温泉ではなく、嬉野温泉に入ってしまいました。
a0129562_1101926.jpg

重ねて、すみません・・・。

三木市にいなくても三木市の話題に・・・
三木おもろいわ

ジーン景虎
by miki-omoroiwa | 2009-11-11 01:11 | その他

シャル・ウィ・ダンス?

c0206033_4421589.jpg

三木車いすダンスの会「オードリー」のみなさんです。

先日、レッスン場の中央公民館でいろいろとお話しを伺いました。すっかり打ち解けていただいて、「ポーズ」を決められた瞬間です。

「オードリー」は、

伊丹の車いすダンスの団体「楠の会」に通われていた三木市内在住の辻芳子さんが、

昨年4月に三木で立ち上げられたグループです。
c0206033_4445691.jpg


わたしは、市の人権部門に在籍していた10年少し前、「車いすダンス」の存在を知りました。

「健常者」と「障がいを持つ人」が対等に楽しめるスポーツはないかと考えていたときのことです。

そういうスポーツは、社会から求められているにもかかわらず、なかなかなかったもので、

「車いすダンス」はその条件を満たすスポーツだと確信していました。

c0206033_4464980.jpg

といっても、その当時も、これまでも、実際に「車いすダンス」を体験したわけではありませんでした。



今日は、みなさんのレッスンの最後に、

実際に、車いす使用の方の相手として、

そして、自分が車いすにすわってのダンスを指導していただきました。



「自分が車いすに座って」の時は、

車いすにすわったままでの微妙な体重移動が必要でした。

これは、若いころ少しだけカジった社交ダンスの経験が活きました。

みなさんからおほめいただき、とてもうれしかったです。

c0206033_4502063.jpg

実際に体験してみて、

やはりこれは、「健常者」「障がいをもつ人」が、

対等に、

相手の呼吸や振る舞いに反応しあって動かないと

上手く踊れないことが体感できました。


また、足腰を鍛えたり、体力づくりにも大変効果があると実感しました。


指導者の田中ひとみさん((財)日本ボールルームダンス連盟大阪府ダンス教師教会公認商業2級インストラクター)によると、

「この会では、『車いす』ダンスだけに固執しているわけではなく、「車いすの方の相手側同士」の一般的な社交ダンスなどの練習も行っています」

「楽しいときをすごしたいです」と仰られていました。


「楽しくやりたい」というのは、辻さんも同じ考えです。


三木や加古川、稲美町などで、盛んに施設訪問や講習会を行われていますが、

もっと多くの同好の方を求めておられています。

c0206033_5144262.jpg

レッスンの最中、終始、なごやかな雰囲気で笑いが絶えませんでした。


「シャル・ウィ・ダンス?」

「オードリー」の皆さんからの熱いメッセージです。

c0206033_782665.jpg


「オードリー」さんの活動が広がることを願って 「三木おもろいわ」

                            By Kwakky
by miki-omoroiwa | 2009-10-23 03:10 | その他

平井山本陣跡

先日、三木城跡でのことを書きましたが、
その後の続きがありますので、そのことを書きたいと思います。

三木城で別所長治公の句を拝見し、
それから、ボランティアガイドさんに秀吉側の本陣(平井山本陣)の位置は
あの辺りですと教えてもらいました。

そのあたりはおそらく、今の三木城跡からは少し見にくいと思うのですが、
山の中腹辺りにある住宅地が、なんとなく秀吉側の旗印のようにも見え、
そのほかにも、あの辺りが何とかの陣、こっちが何とかの陣という具合に、
まさに八方囲まれた状態を感じることが出来ました。

そして、無事湯の山街道を歩き終え、ガイドさんと別れた後、
昼食までには少し時間があったので、その余韻があるうちに、
平井山本陣で病に倒れた、竹中半兵衛のお墓を見に行きました。

竹中半兵衛の墓は、ブドウ畑に囲まれた中にぽつんとあります。
他には何も無いので、大きな期待をしていってはいけないのですが、
お寺の中にあったりとか、立派に整備されているよりも、
なんとなく、趣があるようにも感じたりします。

そして、昼食に行こうかと車に戻ったときに、案内表示には
竹中半兵衛の墓ともうひとつ、平井山本陣跡 0.9km・・
という表示がありました。

さっき、三木城から平井山本陣を眺め、別所長治の気持ちを体感したので、
平井山本陣から、三木城跡を見て、秀吉や半兵衛の気持ちを体感したいと思い、
一緒に行っていた後輩たちに、「0.9kmくらい歩けるやろ」と簡単に言ったのですが、
これが・・そう簡単ではありませんでした・・・。

山を登ってもなかなかその平井山本陣跡が出てこない(^^;
何度も後輩に、もうやめましょうといわれながら、やっとの思いでたどり着いた
平井山本陣跡が下の写真です。

a0129562_0342055.jpg


ご覧の通り、木々に囲まれ、そこからはまったく景色を見ることはできませんでした(>_<)
特別、感慨に浸ることも出来ず、ここに案内を表示しても良いのか?!
と、いうのが正直な感想です(笑)

最近は”歴女”という言葉が生まれるほど、女性の間で歴史がブームになっております。
そして、竹中半兵衛といえば、知る人ぞ知る、戦国時代の有名人であります。
女性の歴史好きの特徴は、男性の歴史好きに比べ、好きな人物のゆかりの地をめぐることを
好むそうです。

これから先、訪れるかもしれない、竹中半兵衛や豊臣秀吉を好きな方たちのためにも、
なんとか、平井山本陣の整備して欲しいところです。せめて、三木城跡が見えるように(笑)

まぁ・・・、さすがの歴女の方たちも、平井山本陣跡まではなかなか足を伸ばさない
でしょうけどねぇ(^^;;

と、いうことで、いろいろな可能性がある
三木おもろいわ!!

 - Kon -
by miki-omoroiwa | 2009-09-24 01:03 | その他

湯の山街道ウォーキング

初めて書き込みます。 Konといいます。よろしくお願いします。
ほんとは昨日書きたかったのですが、眠くて力尽きてしまいました(^^;

さて、今日は湯の山街道を歩いてきました。
ボランティアガイドさんの宮谷さんと藤原さんに案内していただき、
充実のウォーキングでした。

湯の山街道のメインの説明は書ききれませんので、三木城跡の
ことを少し・・・・

a0129562_2312090.jpg
三木城跡にある別所長治公像です。
これ、実は中国で作ってもらったらしく、なんと着物が左前になっております。
それくらいちゃんと指示しましょうよ(^^;



a0129562_2334819.jpg

そして、別所長治公の時世の句です。
「三木の干殺し」とは、そこそこに有名な三木の合戦ですが、
最後に別所長治は自分と一族の命とひきかえに配下武将や兵士の命を助けてくれと
秀吉に申し出、それが受け入れられます。
そのときの時世の句がこれです。
「今はただ うらみもあらじ諸人の 命にかはる わが身と思えば」
この時長治23歳(26という説もあります)
23歳でこの句が書けましょうか?(^^;
私が23歳のときとはえらい違いです。
会社の社長さんやお国の政治家、官僚の方にもぜひ見てほしいですね(笑)

とにかく、三木は古く歴史ある町です。
歴史を掘り起こし、上手にアピールすれば、もっと知名度も上がっていいはずです。

そんなかくれた(?)歴史ある町、三木おもろいわ!



なんか、最後重くなったな(笑)
- Kon -
by miki-omoroiwa | 2009-09-05 23:55 | その他

佐用 災害復旧


 この間佐用の災害復旧に行って参りました。

現状は、予想以上にひどいものでした!!

 自然の力の恐ろしさ、普段あり得ないことが起こっていました。
a0129562_2384662.jpg



 当日、私は災害ふっきゅのボランティアの受付担当にあたり実際の活動が出来なかった

のは腹立たしかったのですが、着て頂いた方の受け入れを迅速に行うことも重要な任務と

感じ精を出して参りました。

a0129562_2391669.jpg


 そんな中で、ボランティアに来て下さる方々というのは、以前自分たちも同じように助けて

頂き、いてもたってもいられないで来たと言う方がほとんどでした。遠くは千葉から10時間

かけて駆けつけて頂いた方もおられました。しかし当初の予想よりボランティアの数がまだまだ少ないそうです。

ぜひ時間のある方は助けてあげて頂きたいと思います。

  三木からも個人的に来られた方や、また三木の社協の方々も水などの給水をされたり

救援活度に頑張っておられました。本当にご苦労様です。

a0129562_2363659.jpg


a0129562_2372087.jpg



やはり、わが町三木も捨てたものではないとつくづく感じました。

三木の人って温かい!!

ほんま三木おもろいわ
by miki-omoroiwa | 2009-08-18 02:45 | その他

クワガタ


 夏と言えば、子供にとって夏祭り、虫取りではないでしょうか!!

虫取りの中で特にカブトムシ、クワガタとりにに小さい頃毎日行っていたこといたことを

思い出します。

 この間、TVの企画でタレントが、西表島までヒラタクワガタを取りに行くと言うのをしてました。!!


そこで、日本で一番でかいヒラタクワガタの大きさは


          7,9センチ

   と紹介されていました。

僕の小さい頃には、7~8センチくらいのヒラタクワガタ年に2,3匹取れていたように思います。

a0129562_524106.jpg


 最近、カブトムシの異常繁殖などのニュースが飛びっかっています。これは最近虫取りをしないのが

原因の一つに上げられています。

  ということは、もしかしたら、何年も生き延びたヒラタクワガタいると言う事も十分考えられるのでは?

三木市から、日本一も夢ではないと思います。

     発見された方ぜひコメントください!!!

日本一の可能性を秘めた三木、本当におもろいわ

by左官屋

 
by miki-omoroiwa | 2009-08-08 05:29 | その他

三木の子めだか

a0129562_8563470.jpg


ふーっ!!やっと記事、みなさんより早く書けたかな?
なんせ、みなさん書くの早いので、ファニーおばさんは、いつもどなたかの記事にお邪魔してましたのでね023.gif

上の写真は「三木産?のめだかの赤ちゃんです」もらったのですが・・と言っても体長2ミリ~1センチなので写ってるかな?

何匹も、小さな水槽でけな気に泳いでます。

ファニーおばさんは、この子めだかと、毎日格闘中!

それは・・水換えなんですね002.gif

この通り小さいので、流してしまわないかと大変です。

まず透明のプラスチック容器に水槽の水を少しづつ汲んで、明るい場所で子めだかちゃんが入ってないか確認して、網でうけながら捨てて・・の繰り返しです。

おかげさまで、ファニーおばさんの家は、塵と埃で大変な状態に!!

毎日、家に居ないおばさんは、この子めだかちゃんの世話に時間を取られて掃除する時間が無くなってしまうのです!

でも、この子めだかちゃんたちを、眺めてると何だかホッとするんですよね!!

三木おもろいわ

                  三木の子めだかちゃん おもろいわ byファニーおばさん
by miki-omoroiwa | 2009-07-22 09:16 | その他

社長が働かなくても

 わが社の社長は、いったいどこで何をしているのだろうか?
 最近、ほとんど顔を見せない。極秘だそうだ。
 来週もほとんど来ないとか。夏休みだろうか?
 
 でも、会社は毎日、確実に動いてる。

 こんな会社は、いい会社なのだろうか?悪い会社なのだろうか?
 世間からは、どんな評判なのだろうか?

 こんな会社がある、三木おもろいわ。
by miki-omoroiwa | 2009-07-15 18:17 | その他
ここ最近、雨が全然降らなくて溜池の水も底を付きかけていました。。

しかし、今日はやっと梅雨らしい天気で、農業を営む僕としてはホット胸を撫で下ろせる一日でした。。

ホント。。自然に感謝。感謝。。感謝。。。

a0129562_21143151.jpg


この田んぼにも、天からの恵みで水を沢山蓄える事が出来ました。。

ちなみに、この田んぼは、さるとる君が大変苦労して手植えで田植をした場所です。

苗は順調に成長しています。こうなってくると日々の成長が気になり、少し大きくなると嬉しくて。嬉しくて。。まるで、娘を育てるような気持ちになってくるのです・・・(笑)


三木の大自然の中で、ちっぽけな農業を営む。。本当に自然に生かされている事を痛感できます。。


皆さんも如何でしょうか??一度体験してみませんか???

きっと、「三木の農業おもろいわ」って、思えるはずですよ。。。



三木おもろいわ

熱血漢丸坊主
by miki-omoroiwa | 2009-06-29 21:32 | その他
今日は、お知らせです。

a0129562_28214.jpg


昨日、でかイオン(イオン北神戸)に行った際に、はってあったポスターです。

はっぱビジネスの成功の話。

興味ありません?

日時 7月11日(土)14:00~16:30
場所 神戸フルーツ・フラワーパーク

神戸の話をなぜ?

いや~、三木であろうが、神戸であろうが、おもろいもんは「おもろいわ」

三木にこだわらへん「三木おもろいわ」、おもろいわ。
by miki-omoroiwa | 2009-06-28 23:59 | その他