人気ブログランキング |

三木のおもろい毎日を三木のおもろいメンバーたちが綴ります。上の書はアート書家中西賀子さんの特別書き下ろし。


by miki-omoroiwa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

平井山本陣跡

先日、三木城跡でのことを書きましたが、
その後の続きがありますので、そのことを書きたいと思います。

三木城で別所長治公の句を拝見し、
それから、ボランティアガイドさんに秀吉側の本陣(平井山本陣)の位置は
あの辺りですと教えてもらいました。

そのあたりはおそらく、今の三木城跡からは少し見にくいと思うのですが、
山の中腹辺りにある住宅地が、なんとなく秀吉側の旗印のようにも見え、
そのほかにも、あの辺りが何とかの陣、こっちが何とかの陣という具合に、
まさに八方囲まれた状態を感じることが出来ました。

そして、無事湯の山街道を歩き終え、ガイドさんと別れた後、
昼食までには少し時間があったので、その余韻があるうちに、
平井山本陣で病に倒れた、竹中半兵衛のお墓を見に行きました。

竹中半兵衛の墓は、ブドウ畑に囲まれた中にぽつんとあります。
他には何も無いので、大きな期待をしていってはいけないのですが、
お寺の中にあったりとか、立派に整備されているよりも、
なんとなく、趣があるようにも感じたりします。

そして、昼食に行こうかと車に戻ったときに、案内表示には
竹中半兵衛の墓ともうひとつ、平井山本陣跡 0.9km・・
という表示がありました。

さっき、三木城から平井山本陣を眺め、別所長治の気持ちを体感したので、
平井山本陣から、三木城跡を見て、秀吉や半兵衛の気持ちを体感したいと思い、
一緒に行っていた後輩たちに、「0.9kmくらい歩けるやろ」と簡単に言ったのですが、
これが・・そう簡単ではありませんでした・・・。

山を登ってもなかなかその平井山本陣跡が出てこない(^^;
何度も後輩に、もうやめましょうといわれながら、やっとの思いでたどり着いた
平井山本陣跡が下の写真です。

a0129562_0342055.jpg


ご覧の通り、木々に囲まれ、そこからはまったく景色を見ることはできませんでした(>_<)
特別、感慨に浸ることも出来ず、ここに案内を表示しても良いのか?!
と、いうのが正直な感想です(笑)

最近は”歴女”という言葉が生まれるほど、女性の間で歴史がブームになっております。
そして、竹中半兵衛といえば、知る人ぞ知る、戦国時代の有名人であります。
女性の歴史好きの特徴は、男性の歴史好きに比べ、好きな人物のゆかりの地をめぐることを
好むそうです。

これから先、訪れるかもしれない、竹中半兵衛や豊臣秀吉を好きな方たちのためにも、
なんとか、平井山本陣の整備して欲しいところです。せめて、三木城跡が見えるように(笑)

まぁ・・・、さすがの歴女の方たちも、平井山本陣跡まではなかなか足を伸ばさない
でしょうけどねぇ(^^;;

と、いうことで、いろいろな可能性がある
三木おもろいわ!!

 - Kon -
by miki-omoroiwa | 2009-09-24 01:03 | その他