人気ブログランキング |

三木のおもろい毎日を三木のおもろいメンバーたちが綴ります。上の書はアート書家中西賀子さんの特別書き下ろし。


by miki-omoroiwa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

湯の山街道ウォーキング

初めて書き込みます。 Konといいます。よろしくお願いします。
ほんとは昨日書きたかったのですが、眠くて力尽きてしまいました(^^;

さて、今日は湯の山街道を歩いてきました。
ボランティアガイドさんの宮谷さんと藤原さんに案内していただき、
充実のウォーキングでした。

湯の山街道のメインの説明は書ききれませんので、三木城跡の
ことを少し・・・・

a0129562_2312090.jpg
三木城跡にある別所長治公像です。
これ、実は中国で作ってもらったらしく、なんと着物が左前になっております。
それくらいちゃんと指示しましょうよ(^^;



a0129562_2334819.jpg

そして、別所長治公の時世の句です。
「三木の干殺し」とは、そこそこに有名な三木の合戦ですが、
最後に別所長治は自分と一族の命とひきかえに配下武将や兵士の命を助けてくれと
秀吉に申し出、それが受け入れられます。
そのときの時世の句がこれです。
「今はただ うらみもあらじ諸人の 命にかはる わが身と思えば」
この時長治23歳(26という説もあります)
23歳でこの句が書けましょうか?(^^;
私が23歳のときとはえらい違いです。
会社の社長さんやお国の政治家、官僚の方にもぜひ見てほしいですね(笑)

とにかく、三木は古く歴史ある町です。
歴史を掘り起こし、上手にアピールすれば、もっと知名度も上がっていいはずです。

そんなかくれた(?)歴史ある町、三木おもろいわ!



なんか、最後重くなったな(笑)
- Kon -
by miki-omoroiwa | 2009-09-05 23:55 | その他